ファッション

【スニーカー 保護】ニューキスト 使い方 比較レビュー【かかとすり減り防止 】

困っている人
スニーカーのかかとのすり減りをなんとかしたい・・・

こんな人の悩みを解決します。

スニーカーヘッズの悩みの種である、かかとのすり減り。

スニーカーをどんなに綺麗に履いていても、かかとに穴が空いてしまったら履けなくなってしまいます。

かかとの保護方法には色々ありますが、今回はスニーカーのかかとに取り付ける「ニューキスト」を実際に使ってみたので、他の保護方法と比較しながらレビューします。

スニーカー保護方法比較

ニューキストの紹介の前に、他の代表的なスニーカーのかかと保護方法を紹介します。

シューグー

言わずと知れたスニーカーの修理によく使われるシューグー。これをかかと部分に塗ることで直接かかとのすり減りを防ぎます。

メリット:

どんな形状のスニーカーにもつけることが可能。値段も1000円前半くらいで買えるので安い。かかと以外の部分もつけられます。

デメリット:

何回か履くと剥がれてくるので、繰り返し塗る必要アリ。


ソールプラス(SOLE PLUS)

最近話題のソールプラス。靴底全体に貼る保護フィルムです。レアスニーカーに貼っている人が多い印象

メリット:

靴底全体を保護できる。半年くらいは持つほどの耐久性あり。

デメリット:

他に比べて貼り付けが難しく、貼り付け用にヒートガンが必要。約3000円程度。



 


Eesu cos

AirJordan1(エアージョーダン)、DUNK(ダンク)にはこれがおすすめ。

専用なので色を合わせれば、見た目の違和感がほとんどありません。

メリット:

貼るだけ簡単に装着できる。

デメリット:

両面テープで貼り付けているだけなので、追加でシューグーなどで補強すると安心。



ニューキスト

樹脂でできたプレートをかかと部分に装着することですり減りを防止します。

メリット:

軟質のウレタン材でできているので、滑りにくくクッション性があり耐久性も高い。

500円程度で2足分なので非常に安価。

デメリット:

靴底に釘で取り付ける必要があり。


↓ニューキストのナチュラルカラーです

ニューキスト貼り付け方法

ニューキストの貼り付け方法を解説します。

図の通りニューキストの裏面が両面テープになっているので、かかとの貼り付けたい箇所につけます。

私の場合は、かかとの外側がよく削れるので、下の写真のように取り付けています。

3箇所釘打ち込み用に凹んでいるところがあるので、付属の釘を打ち込みます。

釘を打ち込むためのペンチやハンマーは用意しておきましょう。

缶や瓶などを靴の中に入れて、上から叩けるようにしておくとやりやすいです。

取り付けるとこんな感じ。カラーはナチュラルとブラックの2色があります。今回、家に余っていたのでナチュラルカラーのものを取り付けましたが、かかとが黒いスニーカーにはブラックの方が目立ちにくいかもしれません。

↓ニューキストのブラックはこちら


6ヶ月間履いてみた結果

今回、Vans OldSchoolにニューキストをつけて6ヶ月間履いてみましたので、レビューしたいと思います。

Vansやコンバースのスニーカーは靴底が薄く、かかとが減ると穴が空きやすいので、ニューキストをつけて保護してみました。

履き心地

今回初めての取り付けだったので釘を完全に埋め込むことができなかったせいか、取り付けてすぐの頃は歩くとコツコツ音がしていましたが、履いているうちに釘が埋め込まれていったようで、途中から音はしなくなりました。

(ちなみに別のスニーカーで取り付けたときはうまく釘を埋め込むことができたので、コツコツ音はしませんでした)

樹脂でできたプレートなので硬くなく厚さも薄いので、歩いていてもつけていることは気になりませんでした。

 

すり減り具合

6ヶ月間、毎週末履きました。どのくらいかかとが減ったか写真で比較したいと思います。

↓まず取り付けてすぐのときの写真がこちら。

最初につけていたシューグーが剥がれなかったので、その上からニューキストをつけています。

 

↓次に6ヶ月後の写真がこちら。

ニューキスト部分はしっかり残っており、ニューキストがついていないシューグー部分も削れはなく、ほとんど変化していないことがわかります。

(シューグーのおかげですり減り具合がわかりやすくなりました)

どうやらニューキストをつけていると、かかとを地面につけてもニューキスト部分以外は浮いているため、かかとがほとんどすり減らなくなったようです。

以前履いていたVansは結構すぐにすり減ってしまったので、今回、かかとにほとんど変化がなかったのに驚きました。

価格が安い割にかかと保護の効果が大きかったので満足です。

 

最後に

今回はスニーカーのかかと保護アイテムのニューキストを紹介させていただきました。

正直レアスニに釘を打つのは抵抗がある方は多いと思います。

なので個人的にはレアスニではなくヘビロテでよく履くスニーカー、特に靴底が薄いVansやコンバースのスニーカーにニューキストをオススメします。

もちろんかかとの保護になるので、レアスニや靴底の厚いスニーカーに取り付けても全然OKだと思います。

値段も安く効果も大きいので、スニーカーを長持ちさせたい方はぜひ試してみてください!

以上




-ファッション
-

© 2022 PALEGO Blog Powered by AFFINGER5